ヘルモポリスとはAIマネージャーになるための最短経路

ヘルモポリスは、AIを学び、プロジェクトリーダーとしてAIの社会実装に貢献したいすべての人材の為の学習プラットフォームです。学習の指針となる教科書と問題集の両方をそなえたE-Learningシステムであり、ブラウザ・iPhoneアプリのどちらでも学習を進めることができます。

また、学習の内容は一般社団法人新技術応用推進基盤が運営する「人工知能プロジェクトマネージャー」資格と連動しており、本資格の合格を目指す方が最短で合格できるよう、知識が整理されています。もちろん、資格試験の合格ではなく学習そのものを本分とできるような使い方も可能です。


ヘルモポリスに込められた意味

「ヘルモポリス」とはギリシア語で「ヘルメスの街」を意味し、古代エジプト神話において知恵と学問の神とされたトト神の信仰の中心地でした。ヘルモポリスは、メンフィスなどとともに古代地中海世界における信仰の拠点でしたが、この街の神官団は常に中立的な立場をとっていたことでも有名でした。

運営団体である一般社団法人新技術応用推進基盤は、「AIという新技術を社会に実装する」人材の育成を掲げています。この想いを実現するプラットフォームの名として、知恵と学問を司り、多くの人間が集まりながら常に中立的立場を崩さず自主自立を実現していた古代エジプトの名を借り受けることにしました。


E-Learningで学習し、資格を取得しよう


ヘルモポリスを使う3つの利点

特徴1.「人工知能プロジェクトマネージャー」合格への最短距離

ヘルモポリスは人工知能(AI)のプロジェクトマネージャーとして必要なスキルを最短距離で学習できるよう設計されています。目標設定や課題解決といったマネジメントスキルに加え、統計理解・実装といった技術的知見まで学習できるよう、人工知能プロジェクトマネージャー試験の全出題範囲を網羅しています。

全7分野合計で10万字程の解説に加え、100問の練習問題にアクセスできます。経験が重視され、スキルセットが曖昧なまま年功序列的に任命されていたマネージャー職のスキルを分解し、学習することができます。更に、学習したことを資格として証明するための最も効率の良い学習プラットフォームとなっています。

特徴2.場所を選ばない学習プラットフォーム

多忙な社会人の方も研究に忙しい学生の方も、すべての意欲ある方に学習の機会は開かれているべきです。ヘルモポリスはブラウザ・アプリで、どんな隙間時間にも学習を進めることができます。

まとまった学習の時間をとることが難しくとも、通勤・通学に使う時間を毎日30分学習に使ってみましょう。3か月後には驚く成果となっているはずです。

特徴3.最新の知見が拡大していく

AIの技術は、日進月歩で進歩し続けています。一般的な書籍形式では、執筆から編集、出版を経て書店にならぶまで、ゆうに1年はかかってしまいます。これでは最新のユースケースを取り入れたり、タイムリーな知見のアップデートを行うことはできません。

ヘルモポリスはアップデート式になっているため、掲載されている知見が古びてしまう事はありません。また、アップデートを重ねていくことで、練習問題等の掲載数も増やしていく予定です。